菌の感染経路

水さえも除菌されている日本

その昔、日本人は井戸から水をくみ上げて飲み水にしたり、調理に使ったりしていました。
地下にある水脈から汲みあげて、そのまま使用していたのです。
現在は、殆どの家庭では上水道で水質検査を受けた水を水道管を通して飲んでいます。
日本水質検査は厳しく、蛇口からひねった水をそのまま飲めるという事は、諸外国の人は驚く人が多いそうです。
外食に行けば必ず出てくる水、蛇口からの水ですが、国によっては蛇口からの水が飲料に適さない為、わざわざミネラルウォーターを注文しなくてはならないそうです。考えてみれば、日本では水でさえも除菌されているのですね。
山間に天然水を汲みに行く光景を目にする事がありますが、この天然水も飲み水として適しているか、水質基準をクリアしているかを調べた結果、許可されているのです。
湧き水といっても、菌類を調べてからの水を飲んでいるのですね。



海外旅行先で思わず腹痛

せっかく海外旅行を楽しんでいたのに、現地の人の進められるまま食事をしていたら、おなかの調子を悪くなった、という経験をお持ちの方も多い事でしょう。
しかし、何故現地の人たちは大丈夫なのでしょうか。
海外旅行をする人の間では、決して生野菜は食べない、又、カットされているフルーツも避ける。飲料に至っては、氷が入っていたら飲まない方が良いと、出国の際にアドバイスを受ける事があるそうです。
現地の人達には、育った環境の中で免疫力が付いていますが、除菌・衛生に優れた日本人に対しては、これが裏目に出るそうです。
飲み水の中には、どんな菌が潜んでいるのか分かりませんし、その水を使って作った氷も同様です。
また、カットされたフルーツや生野菜も、洗った水によってどんな菌が付着しているかわかりません。
それほど、日本と海外の衛生面での差があるのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ