除菌と抗菌とは違います

少し見直してみませんか

水でさえも除菌されている現代の日本。
昔のように、コレラや赤痢が流行する事は無くなりましたが、その陰で増えつつある疾患を忘れてはいけません。
花粉症やアトピー性皮膚炎など、菌にたいしての抵抗力や免疫力が低下したために、特に毒性のある菌ではなくても感染し、対応できない体になってしまった人が多いと思いませんか。
何かの菌に感染しないように、日常生活も注意しなくてはならないでしょう。
あまりに衛生面に神経質になりすぎると、このような窮屈人生になってしまいます。
何事もほどほどに、元々日本は世界でも衛生的に優れた国だと言われているのですから、害のある有毒な菌は別として、体を守ってくれる、免疫力のある菌との共存を考えてはどうでしょうか。

衛生かつ健康で生きるために

衛生的な事は、良い事で、決して悪い事ではありません。
しかし、除菌・抗菌と神経質になりすぎて、体にとっては存在しなくてはならない菌まで除菌してしまう事が、逆効果となっているのです。
除菌しなければならない菌は、元々人の体に共存している菌ではなく、空気中に浮遊していたり、接触等で感染してしまい食中毒を発症してしまうような有害な菌類です。
除菌に気を配るのであれば、食中毒を防ぐ為に、その原因菌となるサルモネラ菌や黄色ブドウ球菌、カンピロバクター、ウェルシュ菌など、調理の際に野菜をよく水洗いし、調理の順番を考え決して肉や魚を切ったまな板や包丁をそのまま使わない。
そして、最後はしっかりと除菌に心掛ける。
日々の手洗いやうがいの他は、この方法で如何でしょうか。
効率よく除菌された生活を送る方法を、今一度確認してみるのも良いかもしれません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ